属性とキーワードの関係

| コメント(0)
サイト作成時に、キーワードはどうするのか?というと

キーワードというのは、サイト作成側が属性を絞るのに必要なもの。

簡単なとこで言えば、サイトで紹介するプログラムを
申し込むのは、男か女か?ってこと。

男性向けを女性に紹介しても稼げないのは、わかりますよね?

と、いうことは男性だけのアクセスで良いということになります。

↑今日、ちょうどこんな話をスタッフに説明していた2分後に
女性がサイトに着たら、どうするのですか?って言われました(笑)


だ・か・ら、女性きても稼げないなら、アクセスいらないでしょ?と
ちょっと怒りが・・・。

女性のアクセスでは、1円にもならないということです。

成約を狙うためには、
そのキーワードをキャッチして、そのキーワードの意味を捉えるのです。

そして、自分のサイトには、その人だけを呼び込めば良いのです。

だから、成約が高まるサイトへなっていきます。

そして、成約率の悪いサイトというものは、いらない情報が多すぎるんです。

売りたいものは、決まっているのにそれに関係ないことまで書いている。

例えば、Aという商品を紹介したいのに、Bという商品までも、同じように紹介しているということです。

Bという商品をサイト内で紹介しているので、
アクセスが増えると思って書いているかも知れませんが
そのサイトの作り方では、アクセスが増えても収入は増えません。

収入増やしたいなら、アクセスをお金に換える方法を考えるしかありません。

次に、あなたが上位表示したいキーワードで
ライバルサイトは何をしているのか?ということを注目しなければいけません。

同じコンテンツを真似ても稼げるのか?というと
実は、そうでもないのです。

もちろん、真似から入るのも悪くはないですよ。
でも、属性を捉えてなければ空回りサイトになります。
属性ってターゲットのことです。

誰を相手に商売をするのか?ということです。
上位表示しているサイトが、何も考えていないようなサイトなら
1位や2位にならなくても、稼げますよ。

それらのサイトでは、サイト内をうろつくことがないからです。
まったく、読まれないサイトでは、稼げません。

だから、訪問者へこのサイトは、何のサイトなのか?を明確に
提示する必要があります。

それがヘッダーの画像であったり、アドセンス貼るとクリック率が高いとか
言われている場所ですることなのです。

そこがわかれば、あなたのサイトで行動を起こしてくれます。

でも、こういったサイトをどうやって作成し、
どのように、強いサイトへ持っていくのか?
      
そういった事を設計や計画で考えていくわけです。


コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年1月 6日 14:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「求められるコンテンツとは?」です。

次のブログ記事は「サイト設計のための3つポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。